スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

世界を売った男を売った男

年末はアズで歌った。自分の曲三曲と、サムスミスのlay me down のカバー。去年福島に帰ってきてすぐ歌う場を頂きその後も歌わせて貰ったのはアズのオーナー省吾さんのお陰。ほんとに感謝しかないのです。

去年一年で歌に対する考え方が変わってしまった。自分の中で、音楽に対するアカデミックなお硬い追求心みたいなものは破綻してしまった。曲を捻り出す行為をしなかった。だから毎日毎日カバーとか自分が歌いたい歌だけを歌って、本当楽しかった。より歌が日常の身近なものになった。小学生の時分、僕は全校集会で貧血でよくぶっ倒れていたんだげんちょも、気分が悪い時は頭ん中で歌を歌って気を紛らわしていたのを思い出した。
思うに、世の中の万物、何かを突き詰めようとすると、哲学的でアスリート的になもんにぶち当たる。結局は、自分の身体の使い方を知る、という事が必須になってくる。自分の身体を操縦する感覚。幾多数多のレバーやらボタンやら、兎に角に複雑な操縦桿が目の前に広がっていて、それら一つ一つのの意味を全て把握する事が大事なのだな。有能な工場長であれ。いま歌うのが本当に楽しい。けど正解は無いのでこのまま一生試行錯誤していこうと思います。

今日は車でボウイさんの曲を聴いた。
最後の最後まで痺れるくらいかっこ良かったな。ボウイさんは世の中の羨望の中心に生きてそれを裏切る事なく死んでいった。さよならボウイさん。たまに忘れてもずっと忘れない河相我聞。


どうぞと手渡されたバナナを何と無く近くにあったお皿に置いて、ふと見たら収まり感半端なかった。
ウォーホルもこんな感じて何と無くお皿にバナナ置いたのかなぁ?

そういえば映画のバスキアでボウイがウォーホル役だった。バスキア、大好きな映画。
当分、ボウイの損失に世の中は悲しみにくれるのでしょう。さよならボウイさん。






| - | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

能あるブロガー記事を書かず

>マイブームがブログのブロガー橋本です。前回の記事から早いもので二ヶ月、この間もブログがマイブームの橋本でありますから、記事こそ書かなかったものの、まさにブログ漬けの日々でございました。ブログをブログで洗う様な壮絶な日々の中、いっそ「橋本ブロ弥」に改名しようと思いましたし、サンリオ的に言うならば体重もブログ三個分にまで痩せ、ブロッギーな状態で毎日ブロブロしておりました。ブログ最高!ブログ無しでは生活出来ない!さすがブログがマイブームの橋本だ。



>二本松に戻ってはや9ヶ月、冬真っ只中の2月から春、夏、とただいま秋の最中。一応は一通り福島の四季を体感しました。















>毎朝季節の移り変わりを感じながらせっせせっせと遊歩道を走り続けている。

>二本松の秋といえば祭り。そう提灯祭り。
参加!



祭りの翌週にライブ!声が枯れて声が出ない!練習してた曲歌えるはずもなく急遽変更!

以上、本当に二ヶ月色々ありました。こちらからは以上です。ララバイ。
| - | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

白い恋人達よ、いざ現れよ!!

>さっき用を足したらまっ白い便で、これは汚れなき心の表れでありもう僕は天使かマイケルジャクソンの生まれ変わりにでもなってしまったのかと一瞬焦ってビリージーンを踊ろうとしたけどよく考えたら午前に受けた健康診断で飲んだバリウムのせいだ。

>市が補助だかなんだか、二月前程に届いた通知によるととにかく近所の福祉センターで希望者は受けられる健康診断並びにガン検診に、自他ともに認める健康マニアである橋本は朝の七時半の、まだ開始30分前だというのに元気いっぱいで待合の多目的室に飛び込んだところ、眼前に表れたのは百人近い御老人達だった。すでに橋本の前にそれだけの紳士、御婦人たちが検診を心待ちにしていたのだ!!
>健康マニアランクで上位に食い込んでいると思い込んでいた橋本であったがそれは30代の部での話、70、80の御老体から見れば僕なんてまだまだヒヨッコ。ヒヨッコ健康マニア。健康の為なら死ねる、と高名な落語家は言ったが、彼等は実際に長生きしてる、現に結果を出しているのだ。かっけぇ。
まさに井の中の蛙大海を知らず、井の中の健康マニア福祉センターを知らず、だ。
>つうか他に30代はいなくて僕だけ、まぁ、普通会社で健康診断受けさしてくれますもんね。


>実は僕はこの会場である二本松市の亀谷にある(半澤洗濯屋の近く)福祉センターには思い入れがあって、私が三歳検診?だかなんだか、とにかく28年くらい前、同じく児童診断の会場だった時分、僕は初めて見た鋭利な注射の針が怖くて怖くて、医師と看護婦を払いのけ、追ってくる彼等を見事なフェイントでかわし逃げ回ったという逸話が残っているのだ。




>震災の時、避難してきた方が一時避難してたのがこの福祉センター。ここで出会った三つ子たち、元気にしてるかな。もう中学生のはずだ。

>バリウムはきつかったです。


>午後は10月にあるカヴァーイベントの為選曲、アレンジ。このライブは出演者皆、洋楽のカヴァー縛り。何をやろうか検討中だから色んな曲を歌ってみてます。楽しみ!

>夕方、近所の酒屋に行ったら今届いたばかりだという奥の松の冷おろしを段ボールから出してくれた。


>冷おろし、並びに秋上がり、とは夏の間低温貯蔵した日本酒の事でして、これが出始めると秋を感じる。

>目には目を、旬には旬を!
橋本は秋刀魚を三枚に卸し寿司を握った!

シャリとネタの間にかましてあるのはネギです。美味しかったです。

>今日はそんな一日でした。最近のマイブームはブログです。橋本でした。お返しします。
| - | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

希望に生きる人はいつまでも若い ゴリラ代行

>お盆過ぎたあたりから一気に気温下がりおって、いやいや寒くてたまに車で暖房付けたりです。私の部屋は日当たり悪いに更に無精も手伝い、ストーブしまったの確か七月頭近辺。もう引っ張り出さなきゃ!!寒いのは嫌いだ、指先の勝手が効かないから


>いまの家ではタイル張りなんで使えないのだけれど、お風呂の壁に落書きクレヨン、ちょっと前にハマったの。
馬、とキリン。

スッポンポンででかい絵を描くのは凄い気持ち良いです。

>最近グッときた言葉、手塚治虫先生の「ばるぼら」再読、モネームシュネーのセリフ、
「芸術家は芸術のためにだけ心を捧げればよいのだよ 政治とか金とかにウツツを抜かしているようじゃそいつはおしまいだ……」
手塚先生の、作品に自然と滲み出る彼の生き様みたいなのが大好きだ。


>諸星大二郎大先生の傑作、妖怪ハンターの「生命の木」の実写化、「奇談」を見る。
「ぱらいそさいぐだーー!」の場面だけで大満足でした。



>そんな毎日を送っています。

| - | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

少しぬるい鈴虫時雨

>先週金曜、キサーズのリリースツアーの郡山公演に弾き語りで出演させて頂きました。ライブハウスの非日常感を強く感じられた一日だった。出演者みんなかっけがったし。ちょー楽しかったかんね。飲み過ぎた。カヴァーを二曲歌ったよ。Antony & The Johnsonsの「Hope there's someone」とoasisの「Wonderwall」。呼んでくれたキサーズのマイマイ、スタッフ皆様、見てくれた方、CD購入してくださった方、ありがとうございました!
>来月は今のところライブなくて10月に一本。お金はあまりいらない、僕ぁ金しかもってないし。欲しいのは、拍手喝采!





>福島の短い夏が終わりました。お盆越えたら一気に涼しくなっちったかんね。朝とか晩はさみぃもん。
今日も寝る前に冨樫先生のレベルEを読む。
| - | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

今日ライブ。

@郡山PEAK ACTION
2015/8/21(fri)
THE TEENAGE KISSERS
"LIGHTNING MACHINE"RELEASE TOUR 2015 電撃チョップ
open/18:00 start/18:30
前売/1,800円 当日/2,300円 drink別/500円

[act]
THE TEENAGE KISSERS
浮遊スル猫
佐藤漂白剤
橋本裕弥(sominica)
宮本博太


私は19時頃の出演です。



>若い頃見たデヴィッドフィンチャーの「セブン」で、ブラピ(ブラットピットの略)とモーフリ(モーガンフリーマンの略)が胸毛を剃るシーンがあって、僕も大人になったらこんなふうに立派な胸毛を蓄えることであるはずだ、と思っておりましたが、胸毛はおろか髭さえまともに生えやしねぇ!

一週間剃らないでこれですよ、ぽわんぽわんのほにゃんほにゃん。髭に憧れます。


今日郡山で弾き語ります。髭は剃りました。
中学生の頃集めたhideちゃんグッズを持っていってマイマイさんと談義に花咲かせます。
| - | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

明日郡山でライブします、郡山でライブするのは高校生の頃以来なんで13年ぶり位ですね。あと歌うことについて。

@郡山PEAK ACTION
2015/8/21(fri)
THE TEENAGE KISSERS
"LIGHTNING MACHINE"RELEASE TOUR 2015 電撃チョップ
open/18:00 start/18:30
前売/1,800円 当日/2,300円 drink別/500円

[act]
THE TEENAGE KISSERS
浮遊スル猫
佐藤漂白剤
橋本裕弥(sominica)
宮本博太


私は19時頃の出演です。

キサーズのドラム、マイマイさんにお声掛け頂きまして、彼女達のリリースツアーに出演致します。地方にいるとこういう嬉しさもあるのね。皆さん福島にライブしに来てください!そして僕を呼んでください!


>東京に住んでいながら作る曲は故郷の事ばかり、違和感を覚え、ならば福島で音楽やりたい!戻っちゃえば良いじゃん!良いじゃん良いじゃん旨辛ジャン!と考えた20代半ば。四年前の震災でタイミングがずれだものの、やっと今年、実際戻って帰って来てみれば曲を作る事よりも音楽を聴く事の方に熱中している。10代の頃の記憶がフラッシュバックしてその頃聴いた音楽を集め直して聴き込んでいる。そうだった、10代のころ、本当に音楽に助けられていたんだった。学校に行くのが嫌いで嫌いで、けど音楽を聴きながら歩けばそれも忘れられた。
>で、今、田舎の車生活。モータリゼーション。私は車の運転が嫌いなんだけど、(電車と違って本は読めないし、交通事故で死ぬのが私は世の中で1番忌嫌う事だ)嫌でも田舎は車社会。ただ、車の良いとこも一つだけあって、歌の練習し放題ってことだ。毎日1時間程は運転するから、その間ずっと歌いっぱなし。主にCDに合わせて同じ様に歌う完コピ練習法。サムスミスは凄い勉強になった。発声からなにから全て見直した。
>そのおかげでこの半年で第二次声変わり。人間の身体ってすごい。トレーニングによって高い音ってどんどん出る様になるんですね。今男性の曲なら大概歌えるもん。
>歌うことって、自分の身体の使い方を知ることだ。突き詰めると何をやるにしてもそうなのかもしれないけれど。格ゲーの必殺技コマンドを一つ一つ覚えて繰り出すように、自分の身体を操縦する。よく「七色の声色」というけれど、いやいや実際は何百、何千の声色を人は発声できる。もしかして同じ声は二度と出せないのかもしれない。鍛錬、特訓、反復。同じ事を繰り返していると新しい発見ばかり。音楽があれば一生暇しない。幸せ。


| - | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ブログ書かないしライブやらないし忘れちゃったよ橋本裕弥なんて。

>福島に帰ってきて早いもので半年が経ちました。皆さん元気ですかー?私は元気です。冬、春、夏と福島の季節を味わい、冬の寒さ、春の色あい、夏の暑さ、どれも極端に主張してきて、まじ半端ねっす。うるさいです。田舎はうるさい。主張ヤバイ。自然やばい。

>先週私は誕生日を迎え、31歳になりました。人間は時間と共に可能性を食い潰して生きて行きます。その消えて行った物たちは私が望むものであったり、望まないものであったり。
私は今、冨樫義博先生の大傑作、「レベルE」の第一巻を手にしながらこの文章を書いていますが、これの扉コメントによると冨樫先生はその年30歳を迎えるのだという。という事は「幽☆遊☆白書」は20代のうちに描き終えたということ。半端ねっす。
>「時間を費やす」、という言葉が私は好きだ。時間を費やし、ミニマムな反復の動作のみが技術を磨く唯一の方法だ。センスとは磨くものであって産まれ持つものではない。その作業の時間達は大抵は陽の目を見ることはない。人生の大概はステージなんてものとは程遠いパーソナルな砂場みたいな所だ。何か作っては壊し壊されてしまう。ミッキーマウスは何だって出来ちゃうけれど、彼だって皆の見えない所でミッキーマウスたらしめる鍛錬に余念が無いはずなのだ。
>しかし、スポットライトが当たる時は唐突にやってくる。ドラムロールが鳴り響き、ピンスポットは八の字を描き今や今やとあなたの周りを悩ましげに走り続ける。そんな日の為に人しれず時間を費やす毎日。それはとても素敵なことだ。少なくとも私は毎日とてもワクワクしながら生きてる。幸せだ。

>ということで、毎日毎日部屋とか車で歌ってるだけでした。すいませんでした。けど、だんだん歌いたかった声になってきました。
http://theteenagekissers.com/
金曜に郡山で弾き語りしまーす。キサーズのリリースツアーの郡山公演。
マーシードゥetcのドラムマイマイさんがドラムのバンドだよ!
| - | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

水曜夜BSでやってるSONG TO SOULって番組面白い。

二本松に居住を戻してそろそろ三ヶ月、生活もやれやれ、やっと落ち着いてきたよ。さて、地震で荒れたままだった(嘘)、G-tuckステューディオ ジャパーンの片付けに手を付けた。
ビフォー

アフター

写真では分かりづらいですがだいぶ綺麗になりました。

アンプを高い位置に置くためにPケースみたいなの欲しいなぁ、と思い家の中を探したら20秒でPケースを見つけた。

田舎の家ってPケースありますよね。

G-tuckステューディオ ジャパーンの待合室です。
私の実家は昔、タンス屋さんをやっていましたので(タンスは二本松の名産品でした)、いいもの置かしてもらってます。ぜひ遊びにきてくなんしょ。

関係ないですが水曜夜BSでやってるSONG TO SOULって番組面白い。

これからG-tuckステューディオ ジャパーンで沢山レコーディングします、発表します。

| - | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

413


二本松の桜もやっと満開。


毎日毎日せっせと遊歩道を走っている。
桜といえば、アメリカの大統領の逸話、誰の何だったか、、

そうそう、ルーズベルトが子供の頃桜の枝を折ろうとしたら斧がすっぽ抜けて沼に落とした、したらば沼から赤毛のくるくる髪の毛の妖精がでて来て、「あなたが落としたのはこの古いディール政策ですか、それともこの新しいディール政策ですか」、そして産まれたのがニューディール政策だった、とか。そんなだっけが?
| - | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM